売上 35


前回は接客についてお話させて頂きました。

今回はユーザーの囲い込みについてです。

以前に通販での販売について触れたことがありますが、今回の内容も通販ビジネスが参考となっています。

極端な話をすると、通販での成功事例で初回はお客様のリストをGETする為に、赤字での販売をします。
そして、そこに対して継続的に販促をかけることで、より多くの購入を促します。
一回目の販売のみでは赤字でも複数回販売することで黒字化するという考え方です。

これは、現在のポータルサイトでも同じことが行われています。
私の住んでいる地域では、U社さんが3000円、F社さんが2600円の初回限定クーポンを利用できます。
この金額は、9割以上の店舗の単価以上で、ユーザーからすると”初回無料”です。

ポータルサイトは、この手法でユーザーの囲い込みをしています。

私の店では、この手法をチラシ広告で応用しています。
チラシ広告は直接販売を前提としているので、受注した時点でユーザーの情報をGETできます。
そこに対して何度も販促を仕掛け、より多くの受注に繋げています。



相談希望の方は
asunaro.ceo@gmail.com
まで「相談希望」と入力して直接メール下さい。


さらに、私(橋本)が経営しているデリバリー併設とんかつ専門店のノウハウ全てをパッケージで開業の検討をしようかという方はこちら。
https://www.katsutei.co.jp/recruit6.html


この記事へのコメント