生き残る店の特徴

久々の投稿です。

今日は、今後の景気についての私見とデリバリービジネスの将来性についての記事です。

コロナが終息した後も人々の生活が100%コロナ前と同様に戻ることはないでしょう。

それは、このコロナ禍で強いられた新しい生活様式が一部の人にとってはより良いものであると感じられているからです。

その人たちは、現在の生活様式のいいところを今後も続けます。

そして、世界中に波及した消費活動の低下による不況は数年は続くと言われています。
これは私も同感です。

ただ、デリバリービジネスに限って言えば、全体として需要は拡大してきていて、今後も拡大が見込めます。

私の店の受注内容を見ていても、新規の注文が未だに衰えません。
一つには、商圏がリアル店舗のそれよりも広いことで多くの人の目についているのですが、
懸念していることも起こっています。

それは、新規顧客と常連顧客の割合が私が考えるBESTな数値にならないことです。
新規顧客の割合が大きすぎるのです。

これにより、経営が不安定になります。

コロナ禍を生き延びているリアル店舗の特徴の一つとして、”常連顧客の比率が高い”という分析結果も出ているようです。

私の店でも、この現象が起きているので頷ける結果です。

以前から毎日のように来店して下さっている超常連様は、緊急事態宣言が発出されようと変わらず毎日のように来店してくださります。

そして、いつものメニューをいつものように注文して食事され帰られます。

こういったお客様が長い目で見て店舗の経営基盤をより支えて下さっているのです。

この記事へのコメント